中島翔哉の出身高校や熱愛彼女は?家族や性格についても!

この記事は3分で読めます

中島翔哉2

Sponsored Link


中島翔哉2

こんばんは。
みなさんTVは今日何を見ましたかー?
私はのどじまんを見てましたがその一方でサッカーが熱かったみたいですね!!
私と同じく見逃した~とか思った方、少なくはないハズ。
ということで、今日は中島翔哉選手について調べてみましたよん。

 

 

Sponsored Link

 

 

プロフィール

さてさて。
まずはプロフィールから紹介。

中島翔哉

名前:中島 翔哉(なかじま しょうや)
生年月日:1994年8月23日(20歳)
出生地:東京都八王子市
身長:164cm
体重:64kg
在籍チーム:FC東京
ポジション:MF、FW
利き足:右

 

経歴ですが
6歳の頃に松が谷フットボールクラブでサッカーを始めます。
習い事程度だったかもしれませんが、もしかしたらこの時にはプロになるって決めていたのかも。

 

2004年に東京ヴェルディ下部組織に入りそこで数々の大会で優勝。
その後も成績を残し、2011年にU-17日本代表選手に選ばれ、U-17のワールドカップにも出場。

 

翌年の2012年には高校3年生でトップチームの試合に出場して、プロ契約もしています。
ってか高校3年でって考えるとすごくないですか?
私は何してたかなー。
部室でお菓子食べながらトランプしてた記憶しか・・・W

 

そしてそしてっ!!
Jリーグ最年少ハットトリック記録を抜く、18歳59日という新記録も出しました。

 

ここまでは順調のように思えましたが
2013年にはクラブでの先発出場機会が減少。
それをきっかけに2014年にFC東京に移籍して、
同時にカターレ富山に期限付き移籍をしています。
人生何事もスムーズにいくのは難しいんですね・・・。

 

現在はというと・・・
リオ五輪出場を目指すメンバーとして再びU-21日本代表に選ばれています。
出場機会が減少したので心配でしたが
徐々に華麗なステップアップしていると思いました!!

 

2014年8月にはFC東京に復帰!
途中出場からのチャンスメークで貢献したり、
得意のキレのあるドリブルで盛りたてるなどなど活躍してます。

出身高校や熱愛彼女は??

高校についてですが
東京都立調布南高等学校→第一学院高等学校へと変わっています。
なんで学校を変えたのか調べてみましたけど分かりませんでした。
ただ、第一学院高等学校は通信制の学校なので、
プロサッカー選手として活躍する中島選手にとって通信制の方が良いという判断だったのかもしれませんね。

 

彼女らしい情報は見つけることができませんでした。
しかーし、ブログを見て下さった方から
『中島翔哉君の彼女は20才のタレントです。歌、お芝居、コマーシャルなどいくつも出てますねぇ。まだ、有名ではないけど、とても頭が良くて素直なお嬢さんですよ。勿論、東京の女性です。姉妹2人兄弟の姉の方です。もう2年以上付き合ってて、両方の親も公認してます(^o^)』
と教えて頂きましたよー。

これからさらに有名になると思うので
いつかTVで結婚報道が出るかもしれませんね☆

 

 

家族や性格について!!

性格について調べていると
ビックマウスで話題みたいですね。

 

「僕にボールが入ればチャンスになる。これは事実。もっと自分にボールを入れてほしい」
「世界のトップになる」
「最初から得点王を狙っているし、この大会のベストプレーヤーになることを目指している」

 

ツイッターでは賛否両論。

 

などなどです。
中島選手の発言をみるとビックマウスという人もいますが、
成績が伴っている選手なのでビックマウスではないと思います!!
そのことからも素直でかなり自信家であるという印象を受けますよね。
ちなみに監督からは「お前はうまいんだけど協調性がない」と言われたそうですが、
本人は落ち込む事はなかったそうなので、メンタルも強いんでしょうね。

 

 

最後に家族についてですが情報がなかったので残念です。
ただ幼少期からクラブに通わせるなど、月謝とかもプロになるまでかなりかかったでしょうから
優しい両親なのかもしれないですね。
体育系のお仕事をされている可能性も考えられますが。

 

何はともあれこれからもTVで活躍を拝見できると思うので楽しみにしています!!
今日はこの辺でー。

 

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 桜井ユキ
  2. 安良波明里2
  3. 渡辺邦斗
  4. ベック3
  5. 滝川英治2
  6. 東城りお2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。