逸ノ城の彼女って誰?性格や家族や出身高校についても!

この記事は3分で読めます

逸ノ城2

Sponsored Link


逸ノ城2

こんばんは。
30日放送の情熱大陸で逸ノ城が特集されるそうです。
最近大相撲の人気復活が目覚しいのは逸ノ城の影響もあるんでしょうか。
気になったので色々と調べてみました。

 

 

Sponsored Link

 

 

プロフィール

さてさて。
まずはプロフィールから紹介!!

逸ノ城

四股名:逸ノ城 駿
本名:アルタンホヤグ・イチンノロブ
愛称:いっちゃん、イチコ、モンゴルの怪物
生年月日:1993年4月7日(21歳)
出身地:モンゴル国アルハンガイ県(遊牧民)
身長:192cm
体重:199cm
BMI:53.98
所属部屋:湊部屋
得意技:右四つ・寄り
趣味:映画鑑賞、食べ歩き、相撲

 

モンゴル在住時代は遊牧民で、ウランバートルから400キロ離れた草原で羊やヤギなど家畜を飼いながら、季節によって移動して生活。
当時は馬の生乳を毎日2リットル飲んでいたそうな。学校がある時期は弟と妹と共に自宅のゲルから20キロ離れた学校のある村のゲルで共同生活を送っていたとのこと。

アルハンガイ

この地図を見ると分かると思いますが
アルハンガイとウランバートルはこんなに離れているんです。
距離にして約530km、車で行くとしたら8時間ほどかかってしまいますね。
車が故障してしまって24時間かかったという話も聞きます。
大自然なだけあって道路が整備されていないのかもしれないですね。
その大自然の写真がこちら!!
2アルハンガイ アルハンガイ3 アルハンガイ4

この開放感大好きです!!
とりあえず地面に寝て空を眺めたい気持ちになっちゃいます。

 

幼少期よりモンゴル相撲に親しんでおり、14歳の時にアルハンガイ県大会で優勝。
2010年に鳥取城北高校相撲部監督の石浦外喜義に才能を見出されて来日し、同高校に相撲留学。

 

石浦外喜義は後に語っています。
モンゴルで初めて会ったときはまだひ弱な体格で、腕立て伏せもできなかった
『本人はのほほーんとして、相撲の経験もなかったけど、手を見るとデカいし、何か光るモノを感じましたね』
『傑出した太ももの太さに目を見張った』

 

というか腕立て伏せができなかったなんて想像できませんね笑
今の彼の強さはどうやってでたものなんでしょう?

 

考えたんですけど
馬の生乳を毎日2リットル飲んでいたみたいですし、
遊牧民で馬に乗っていたと思うので体幹力やバランス力が身についたのも
強さの秘訣なのかもしれないですね。
その甲斐あってか
大相撲の九州場所で、史上最速で新関脇に昇進
幕下付け出しデビューとしては昭和以降最速の所要5場所で新三役となった

という素敵な経歴の持ち主なのです☆

 

 

彼女は誰?

調べたんですけどまだ情報がないですね。
まぁまだ21歳ですし、いないかもしれないですね。

 

ただ、西内まりやの大ファンみたいです。
フジテレビ系列の「ウチくる!?」で出演した逸ノ城のデレデレした姿が・・・!!

 逸ノ城と西内まりや

なんとも嬉しそうですね☆
顔が真っ赤です笑
ということは好きなタイプも西内まりや似!?

西内まりや

確かに美人さん♡
cancamの雑誌にも出てそうなイメージです。
清純な感じが好きなんでしょうか。

 

西内まりやさんには過去
ジャニーズのHey!Say!JUMPのメンバー山田涼介と噂されています。
実際の所は分かりませんが、西内まりやの好きなタイプは山田涼介なんでしょうね。

 

家族は?

調べてみると家族は5人で
父・母・妹・弟がいるそうですよー。

TV

こんな感じでゲルの中で相撲生中継をみて応援されているようです。
やっぱり日本と同じように『負けるなー』『がんばれー』
みたいな声援なんでしょうか?

 

逸ノ城の性格について

『マジで可愛い』と言われる逸ノ城。エピソードを紹介します。

・唯一の嫌いな食べ物がカレーライス、なのに、寮にいるときは週1でカレーが出ていた
・「夜は何も考えず熟睡できるのでとっても快適です。稽古も死ぬことないので快適です」
・「ホラー映画は好きだけど、一人で見るのはちょっと…」
・一所懸命にサインの練習をしてうまく書けず、ひとりでやけっぱちになったりしてます
・初めてマゲを結い、「本当にお相撲さんになったような気分」と笑みを浮かべた

mage

 

体は大きいですけど中身はまだ少年といった感じですね。
名探偵コナンの逆バージョン的な笑
これからもっともっと人気が出てくると思います!!

 

今日はこの辺でー。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ルウト5
  2. 鈴木みのり
  3. 柊子
  4. 田南部夢叶
  5. 滝川英治2
  6. もっと読む...
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。